2012年07月19日

いい大人。

今日の記事は音楽とは全く関係の無い戯言です。
私は夜型なのでいつも朝食と昼食を兼ねて10:30〜11:00に松屋の朝定食を食して出勤するのが日課である。
だが今日は出掛けに用事が入り、出勤が遅れたため朝定食の時間に間に合わなかった。
こんな時はプランBとしてさくら水産の500円ランチというチョイスがある。
それはそれで私にとって楽しみでもあった。ここは『日替わりA』と『日替わりB』のほか『さばの味噌煮定食』や『刺身定食』などお手ごろ価格で楽しめるお小遣い生活のサラリーマンにとってはありがたい居酒屋だ。しかもご飯とお味噌汁はおかわり自由で生卵とふりかけ、味ノリなど、2杯目を狙う猛者には嬉しい限りのサービスだ。
家を出た時点で松屋の朝定食に間に合わないと判断した私は出勤途中に脳みそと胃袋は完全にさくら水産の生卵かけご飯に支配されていた。偶然にも昨夜さまぁ〜ずのバカルディ時代のライブDVDを見たばかりで私の中の『生卵かけご飯欲』はハンパ無いものになっていた。
さくら水産での『生卵かけご飯』の食し方のパターンはシュミレーション済みだ。
先ずは白飯と日替わりおかずで食す。(一般人としての基本を確認)
次に生卵と白飯で食す。(生卵かけご飯の基本を確認)
さらに生卵かけご飯と日替わりおかずのハーモニーを楽しむ。
この時点で日替わりおかずを完食するペースで進める。
残りの卵かけご飯を味ノリとふりかけで食す。
これで5パターンないし6パターンの食しかたができるのである。
この完璧なプランを胸に私はまっしぐらにさくら水産へと向かったのだった。
お店の入口には小さなホワイトボードに『本日の日替わり定食』の詳細が書かれている。
今日はAは『さばの味醂干し焼き』Bは『牛肉のオイスターソース炒め』であった。
これは完全にAであろう。生卵との相性を考えたらBというチョイスはありえない。
味醂の甘辛とさばの脂のテイストは生卵によって何倍にも深まるに違いない。
一方、オイスターソースの風味は白飯に雑に絡めてこそ『チョットした中華屋台にでも来たかのようなムード』をかもし出してくれるのである。
私は当然Aをチョイスした。
時間が遅かったせいか。すでに客は多く、席は中央円卓の相席となった。
1席空けた隣には秋元康風のメガネのちょいぽちゃの男が既にA定食を食していた。
『やはりそのチョイスか』と私は彼を認めようとしたがその瞬間私はある光景を目にしてしまった。
あろう事か彼は私との間の1席分のスペースにデカデカとスポーツ新聞を広げながら食事をしていた。
タダでさえ混雑している店内である。己の新聞読みスペースの為によくぞ1席つぶしてるなぁと私はあきれてしまった。しかもである。彼は両ひじをついて飯を食っていた。
私はひじを付いて飯を食う奴が大嫌いである。単にマナーが悪いと言う事でもあるし、
『この飯食うのすっげえ面倒くせーなー』オーラを周りに出してるように感じるからだ。
また、食事のマナー1つ教えられない親がそいつに『美しい心とは』『人として』『善とは』『正義とは』などと高尚な事を教育したとは思えないからである。
そんな事を考えている間もそいつは依然として1席分を占領したままスポーツ新聞を広げて食っている。
こんな人にはなりたくないな。と考えながらA定食を待っていると私より後に入店してきたオジサンに先にA定食が配られた。『いやいや、ありえねーよ!』と私は憤慨しそうになったが、隣の秋元康を見たばかりの私は通常よりも『いい人』になろうと言うバランス感覚が働いて『ま、忙しいので混乱してしまったのだろう』といい大人を決め込んだ。しばらくすると私の元に待望の『A定食』が運ばれてきた。
私は興奮もかくせないテンションで『いただきますIn My Heart』をし、先ずは味噌汁を一口、そしてさばの味醂干しを小さく取って1度、茶碗の白飯に『ちょん』とつけて、返し際に白飯と共に箸ですくってほおばった。
『うまい。』
味醂の焦げ目香ばしさとさばの脂の乗った身が白飯に合う!
脳内で織田裕二が『日本に生まれてよかったー!』と叫んでいるようだ。
白飯の2/3をさばで食べ終えると脳内の織田裕二から『室井さん!すぐに生卵を出動させてください!』と無線が入った。そうだ。序盤でさばのおいしさに気を取られすぎていた。まださばと卵のハーモニーチェックという重要なイベントが残っていたのだ。
『さてと生卵は…と』本来ならばテーブル上のかごの中に味ノリと一緒に準備されているはずなのだが目の前にあるかごには味ノリしかない。『おかしい・・・すでに備蓄が底を付いたのか?』私は円卓上の全てのかごを見渡し確認した。どのかごにも無い。隣の席には卵の殻がたくさん入ったボールがおいてあるだけだ。『こいつ3つも生卵食ってやがる』と羨みつつも、この時点での解決策は2つ。
1つは他のテーブルまで歩いていってそのテーブルのかごにある生卵を『これ頂いていいっすか?』と言って分けてもらう。もう1つは店員にお願いして新たに卵を補給してもらう。
このどちらかだ。どちらにしてもあくまでもオプションである生卵に『そーこまで執着しちゃってるんですねー!?』的な視線を浴びてしまうリスクがあるが、やむ終えない。だって今日は私の中では生卵かけご飯がメインだから
なんなら言っても声に出して発表しても良かったのだ。『今日はさばの味醂干しではなく生卵かけご飯が食べたくてこの店に来たんですよー!』と。
数秒悩んだ挙句、店員さんに補給をお願いすることにした。さすがに他のテーブルの卵だと完全に横取り感を感じさせてしまう。己の欲求の為に他人に迷惑だけはかけたくない。
忙しい中を心苦しかったが店員に卵の補給をお願いすると、それはそれは心よくもって来てくれた。
これで先ほどのミスはチャラである。
お陰様で当初のプランとおり全てのパターンで定食をたいらげることが出来た。
満足して食後のお茶を頂いていると、とっくに食べ終わっていたはずの隣の秋元康がご飯のおかわりを貰おうと新聞を持って席を立ったではないか。その瞬間!私は驚愕の光景を目にしたのである!

なんと奴の広げていたスポーツ新聞の下に『山盛りの生卵が入ったかご』があったのである。

『こ、こいつのせいで・・・!』

この時点で突っ込みたいところは以下の通りである。
1、隣の席まで新聞広げてんじゃねーよ!
2、ひとりで3個も生卵食ってんじゃねーよ!
3、それも俺の前のかごから取ってんじゃねーよ!
4、新聞読みながら食ってんじゃねーよ!
5、両肘ついて食ってんじゃねーよ!
6、味のりの袋2個も床に落としてんじゃねーよ
7、オプションおかずも飯もすげー食ってんじゃねーよ!
8、さばの一番おいしいとこ残してんじゃねーよ!
9、おかわり前に爪楊枝使ってんじゃねーよ!フェイントかよ!
10、髪の毛が中途半端でパーマかクセ毛かわかんねーよ!
11、青いワイシャツ着てんじゃねーよ!おしゃれかよ!デブなのに!
12、おかわりをふりかけかけて食おーとして残してんじゃねーよ!


・・・・いい大人なので今日はこのくらいにしておきます。
posted by 網 渦男 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記&雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/281919806

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。