2005年07月05日

台湾製サックス「Anfree」との出会い

先日当サロンに小学生の女の子が無料体験レッスンにやってきた。
一緒に来たお母さんから話を聞いてみると
あるコンサートでサックスの演奏を聴いたのがきっかけらしい。

早速備品のレンタル楽器(セルマーserieU)のアルトを使って
レッスンをしようと思ったのだが、困った事に左手が届かない。
右手小指もぎりぎりといった感じだ。
サムレストに親指をあてるとパームキーにあたってしまい
フロントのキーに指が周らない。
どうしたものかといろいろな構え方でトライしてみるが上手く行かない。
私の経験上アルトでserieUより小ぶりなキー配置は
マークYやバランスアクションくらいしか思い当たらない。
小学生がマークYと言うのもいかがなものかと思いながらも
私のYを持たせてみたがこれもぎりぎりで操作するまでは困難に思えた。

そこでソプラノはどうかと考えてみたのだが、
案外ソプラノのキー配置と言うものは大振りにできている。
現行のいろいろなソプラノのカタログを見てみたが皆パームキーが高い。
また私のソプラノ(serieU)で構えてもらったが直管なので
右手が遠い構えになってしまう。また斜めに楽器を支えることもできなかった。

しかし本人はバリバリやる気である。どうしたものかと考えた挙句
カーブドソプラノはどうかとひらめいた。
あれはキーも小ぶりかもしれないし、右手も体に近いはずだ。
今回は無料体験は保留ということにして
いくつかのメーカーのカーブドを調べてみることにした。

ネットを見ると多くの中国製メーカーがカーブドを製造している。
しかしそれらのメーカーの多くは経験上疑問であった。
値段相応といえばそうかもしれないが、チューニングが???だったり、
キー配置やキーの重さがアンビリーバブルだったり、抵抗が強く吹きにくかったり、
タンポが塞がっていなかったり(ありえないことだが)なんぞしょっちゅうである。
「なかなか音が出ないんですが…」と無料体験にきてみたら
「これでは私でも音が出ません」という楽器を買ってしまっている方も
残念ながら多いのが実情だ。

ましてやカーブドとなるとどんな楽器になってしまっているかと考えると
怖いものがあるので、確認できる範囲で試奏の旅に出てみた。
ここでは率直に私観を述べたいので楽器店やメーカーは伏せさせて頂くが、
やはり安いものでも3〜4万円はするものだから「使えるもの」
と言う点で判断すると中国製はやはり厳しいものがあった。

そこで信頼できる方に相談したところ「Anfree」というメーカーを薦められた。
曰く「とりあえずゴールドプレートと闘牛があります」という。
と、闘牛って???
送られてきたものを見てみると確かに闘牛である。
anfree tougyu 1.jpg
マジっすかと思いつつ吹いてみるとこれが案外よいのである。
その個体しか吹いていないのだが音色は若干明るめなものの
音の表面に柔らかい響きをまとってまさに「MISTY」な感じ。
KennyGとか好きな人は良いかもしれない。

KennyGな感じ?


ゴールドプレートは芯のあり重みのあるサウンド。
いい意味で普通のソプラノっぽい感じである。
これが20万以下で手に入るとなれば朗報である。

実は以前このメーカーの「花」というモデルをある楽器店で
見かけたことがあったのだがその微妙なルックスから
また衝動買い狙いの奇をてらった楽器だろうくらいの認識しかなかった。
いやはや猛反省である。もちろんそういう外見のみの楽器もあるが、
「Anfree」は違ったのだ。やはり最近の台湾製はあなどれない。

他のモデル(アルトやテナー)はわからないがカーブドに関しては正直
「私買います」レベルです。闘牛だけど。
誰か私のソプラノ(セルマーserieU)買いませんか?(爆)
ライヴでシリアスなバラードとか吹きたいです!闘牛だけど。
モー牛大好き! (そろそろ34歳になるのでオヤジギャグも練習中)
まあ他の絵柄やラッカー、メッキなどもあるようなので
試してみたい気もしますが。

そんなわけでその小学生の子は「花」の到着を待つことに。
やはり女の子ですから「牛」はちょっとね…。
でもなぜ台湾製なのに「闘牛」なんでしょう…。
企画会議で開発スタッフが灰皿にタバコの山を築きながら
「やはり闘牛がよいかと…」
とかやってたんすかね…。真意を知りたいところです。まじで。
posted by 網 渦男 at 21:10| Comment(9) | TrackBack(0) | 楽器に関するネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。氏家といいます。最近目標の国家試験が終わり、以前から考えていたテナーサックス購入を本格的に考えています。ヤマハのテナーサックスの練習用というのが、中古で6万円ほどでめじろ台のハードオフで売っていました。私はまったくの素人で触ったこともありませんし、お金もありません。中古を買う時に気をつけることなどありましたら、教えてください。
Posted by 氏家 at 2005年07月10日 21:16
こんばんは。
私はサックス吹きではないですが、一足お先にコメントします。
是非アミューズの体験レッスンを一度試されてからではいかがでしょうか?
ハードオフの中古は試奏させてくれないでしょうし、
きちんとした楽器店でお買い上げになったほうがよいというのは間違いないと思います。
Posted by 恵愛 at 2005年07月10日 21:38
>氏家さま
コメントありがとうございます。
テナーサックスの購入と言う事ですが、
氏家さんが見つけたハードオフのヤマハのテナーの機種がなんなのかはわかりませんが、
「練習用」という説明がなされていたのなら、あまりいいものでは無いでしょう。
価格も中古で6万円と言う事になると楽器店での価格設定ではないですから割高かもしれません。
恐らく店員が吹いて試して査定したわけでは無いでしょうからその価格が適当であるかは?です。
恵愛さんの言う「きちんとしたところから買った方がよい」と言うのはそういうことでしょう。
正直楽器は吹いてみないとわかりませんし。

基本的に楽器は初心者であろうと、いや初心者であるからこそ良いものを使った方が上達は早いし、悪い癖もつきにくいのです。

ただサックスという楽器は高いですから中古という選択肢もしかたがないのですが、素人が中古を選ぶのは危険です。要修理のものもあるでしょうし、前のオーナーの癖が付いている場合もあります。

結論を言えばきちんとしたプロに試奏して選んでもらうのが一番です。
楽器と言うものは個体差があります。つまり高い有名メーカーでもハズレがあれば安いメーカーでも当たりの個体はあります。(勿論価格には比例する範囲でしょうが)
素人ではキーの配置や音程の良し悪し、音の抜け、キーバランスやタンポの状態までチェックするのは難しいでしょう。

ア・ミューズにもネットやきちんとした楽器店でないところで購入したというサックスを持ってくる方がいらっしゃいましたが、残念ながら修理しないと吹けないようなものだったり、修理する価値の無いものだったりして結局買いなおしというパターンもあります。

一度ご来店頂ければオススメの機種や楽器店、選ぶポイントなど詳細にお答えできるかと思います。
またもし購入自体急がないけれどもサックスを習いたいということであればア・ミューズでは無料レンタル楽器(セルマー)がありますので購入資金ができるまでの間利用できます。
少々長くなりまして申し訳ありませんが御検討下さい。
Posted by 網渦男 at 2005年07月11日 16:04
大学のテスト&合宿終わり次第無料レンタルさせていただきたいと思います。それまで色んな事を試行錯誤しておきたいと思います。やはり詳しい人にお願いして、一緒にイイモノを買った方がいいんですね。無料体験レッスンなども考えてみます。丁寧なお返事ありがとうございました!!
Posted by 氏家 at 2005年07月16日 21:10
http://www.music-parcel.com/Sax.phpこんなんみつけたんですけど、信用できそうでしょうか?
Posted by 氏家 at 2005年07月19日 02:01
Jマイケルは中国製ですね。
吹いた事はあります。詳細なコメントはここでは避けておきます。
ということでお察し下さい(笑)。
他にもHeinrich,Kaerntner,Maxtoneなどがこの類でしょうか。
最近は台湾製といってもほとんどを中国で製造して最終工程だけ台湾で仕上げているというナンチャッテ台湾製もありますので気をつけなければなりません。
最終的には吹いて選ぶしかないでしょう。
Posted by 網渦男 at 2005年07月19日 15:10
ありがとうございました!!やはり経験者に一緒に選んでもらった方がよさそうですね(・・;)

何度も丁寧にありがとうございました☆
Posted by 氏家 at 2005年07月20日 01:12
台中のサックス博物館行きました。台中在住、台湾人の友人が案内してくれました。
ここです。

后里.張連昌薩克斯風紀念館

http://0425562363.travel-web.com.tw/


Posted by at 2009年05月30日 21:27
Yさん書き込みありがとうございます。
なんか中国語が読めないので歯がゆいのですが
行ってみたいですね。
台湾はサックスの生産でも世界のトップクラスですからね。
個人的にはトップページの画像にある皮製のハードケースがかっこよくて欲しいっす。
Posted by 網 渦男 at 2009年07月07日 18:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4857567

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。