2005年07月30日

台湾製サックス「IO(イオ)」について

今日定休日を利用して潟Oローバルに行って
会員さんの楽器を選定してきました。
実は先週も行ったばっかりなんですが、
先週はまだアルトが入ってこないと言う事だったので
今週改めて行ったわけです。

ズラリと並んだイオ(アルト)を片っ端から吹いてみました。
050729_1328~0001.jpg

なんか微妙に良くなっている気がしたんですが気のせいかな?

最近ネット上で台湾製のサックスが話題になっていますが、
(私も話題にしてますが)
イオはかなりセルマーを意識しているモデルだと思います。

何年か前、試作品を吹かせていただいた時は
「クリソツ過ぎてヤバイんじゃないの?」
と言う印象でした(笑)。
さすがに採算が取れないと言う事で多少変更したらしいのですが、
技術力で言えば本家セルマーも台湾もそんなに差が無いのかもしれないと
当時は認識を改めさせられました。

特にイオはメーカーとしてはJUPITERになるわけですが、
昔のJUPITERとは大きく変っています。
潟Oローバルの開発担当の方々が製品の細かな点に至るまで
大幅な見直しを図ったおかげで格段に進歩、改良されました。
そんな流れの中で「プロユースモデルを」との声に応えて
開発されたのがイオだったわけです。
JUPITER(木星)の衛星「イオ」からのネーミングです。

私が特にイオが良いなと感じるところは音の響きとバランスです。

音の響きは素材によるところが多いと思うのですが、
イオの金属配合はかなりセルマーのそれに近いのではないかと思うのです。

グローバル社がなぜ自社ブランドとして製作せず、
台湾メーカーに作らせたか?

勿論人件費等のコストの面が主な理由なのでしょうが、
日本の工業製品にはJIS規格というものがあります。
サックスもりっぱな工業製品ということになりますから
この規格をパスしないといけないわけですが、
このJIS規格においてサックスの地金である「真鍮」の金属配合
(銅と亜鉛)がある程度定められているらしいのです。
と言う事は国産のサックスの金属配合は実は皆似たり寄ったりに
なるわけで、その音色も似たり寄ったりになってしまいます。

グローバルの開発人はこの金属配合(つまり音の響き、成分)
をセルマーに近づけるため…といって語弊があれば
理想の響き(倍音の含まれ具合や音質、音色)に近づけるために
台湾で造り、それを輸入するという形を取ったわけです。

グローバル開発人のこだわりです。

これは重さを比べればわかります。
セルマーに比べヤナギサワなどの国産モデルは軽いです。
イオはセルマーほどではありませんが、国産品より重いです。

まあ地金以外にも響きを左右する要素(、ラッカーやメッキ等)は
たくさんありますから好みのものを探せばいいわけですが、
「セルマーの音が好きだけど、高くて買えない」
と言う人にはイオはオススメです。

また「もしかしたらセルマーよりいいんじゃないの?」と思うところは
バランスです。
上から下までセルマーほどの抵抗感なくスムースです。
なんと言ってもオーヴァートーンがムチャムチャ出しやすいのです。
セルマーはしっかり鳴る代わりに多少抵抗が強い為、
オーヴァートーンが引っかかりやすいと感じる人もいるかと思います。

うちのレンタル楽器(セルマー)でオーヴァートーンが出にくかったけど、
イオを買ったら簡単に出ちゃったという会員さんもいました。

これは設計なんでしょうね。こういうバランスのいい楽器は
長く吹いていくのが楽しみです。味が出てくるでしょう。

なんか褒めてばっかりいますが、不満な点も述べますと、
これは好みの問題ですが、低音がもっと太く鳴ればと思ったりします。
この辺がセルマー好きにはちょっと足りないかも知れません。
ただ今回選定したモデルはかなり低音も満足できるものがありました。
少し良くなったのか、個体によるのかわかりませんが。

いつかセルマーとイオの吹き比べも音源乗せてみたいと思います。
posted by 網 渦男 at 00:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 楽器に関するネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は今、テナーサックスを買おうか悩んでいます。
そんなに予算もないのですが、セルマーが欲しいと考えていたため、ioのサックスのことを知り、大変参考になりました。
最初は台湾製だからあまり信用していませんでしたが、セルマーに似ているとのことなので、前向きに検討してみようと思いました。
Posted by サックス歴10年の下手くそサックス吹き at 2010年07月27日 18:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5465248

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。