2005年08月11日

これからサックスを始める皆様へ

この夏ア・ミューズにまた新しいメンバーがたくさん入会されました。
今まで単なる「憧れ」であったことを現実にされた皆様、
「本当におめでとうございます。」
そして
「これから一緒に楽しみましょう!!」

私も同じサックスを吹く者として仲間が増えてうれしい限りです。
聴く喜びから演奏する歓びへ
楽器を演奏する事でより深い音楽の楽しみ方を実感なさると思います。

楽器を始めるのには様々な理由があったかと思います。
「昔ブラスバンドでやってたんだけど今度はジャズやポップスを吹いてみたい。」
「コルトレーンに心酔して自分でもやってみたくなって…」
「友達がバンドを始めたので私も…」
「ライヴを見に行ってカッコよかったから…」
「なんとなく趣味を持ちたくて…」
「スイングガールズを見て…」
「武田真治にあこがれて…(古!)」
などなど「憧れ」や「夢」は十人十色です。

レッスンをしていてよく初心者の方に聞かれる事があります。

「どれくらいで上手く吹ける様になりますか?」

難しい質問です。でも切実ですよね。
「果たして自分には才能があるのか?」とか
「このインストラクターは大丈夫なんか?」とか
いろいろ不安もあることでしょう。
せっかく楽器を始めたならば早くカッコよく吹いてみたいのが本音です。
中には「いや〜こういうのは何十年もかかるでしょうから…」と音楽教室が
泣いて喜びそうなセリフ
をおっしゃる極めて謙虚な方もいらっしゃいますが。
勿論これからプロになろうというのであれば、何十年もかかるかもしれません。
でもある程度吹けるようになるのは1,2ヶ月あれば充分でしょう。
(勿論個人差もありますが、少なくともうちの場合はそれくらいです。)

そうはいっても「どれくらいで上手く吹ける様になるか?」といっても
一人一人「上手い」の定義やレベルは違います。
「上手い」と言っているその人の頭の中で
誰がどんなプレイをしているかは人それぞれです。
武田真治がフリーキーな音をブリブリやってるかも知れないし、
マイケル・ブレッカーオルタネートフィンガリングとフラジオと
オーヴァートーンを駆使した超速フレーズをぶちかましてるかも知れないし、
ケニーGがソプラノでぴろ〜っと循環呼吸をしてるかも知れないし、
ソニーロリンズが野太い音でドドドドードドとモールス信号を打ってるかも知れません。

別にどんなプレイヤーのどんな音であっても構わないと思うのですが、
問題はそういったイメージがまったく無い場合です。

以前ある学生(ア・ミューズの会員ではありませんが)に
「最近何聞いてるの?」と聞いたことがあるのですが、
「最近サックスって特に聴いてないですね」
というような答えが帰って来ました…。
サックス以外の音楽は聴くなという事は全くありませんが、
サックスの音は聴きましょう。できれば一流といわれているプレイヤーを。
自分の好きな「憧れ」のプレイヤーをたくさん聴いて、
いつでも頭の中でそのサックスの音が再生出来るようになりましょう。

レッスンの先生の音しか聴いてなかったりしたら駄目です。
なぜならその先生は恐らくたくさんのプレイヤーを聴いていて
その経験から生徒に何かを伝えようとしているでしょう。
教える側がAといっても教わる側がAと捉えるとは限りません。
でもそのバックボーンをある程度共有できれば理解も早いはずです。

また自分がサックスを吹くときに《サックスの音のイメージ》が無かったら
ただ空気で楽器を鳴らしているだけですから音楽ではありません。
「表現したいもの」「伝えたいもの」があることが大事です。

英会話を普段から聞いたことが無いのに
英語をしゃべれるようになりたいと思ってるのと同じです。
日本人は学校でさんざん勉強してもみんなしゃべれませんよね?
耳から入れてないからです。

音楽は耳からの芸術です。また音楽とは世界共通の言語です。
理屈や形式より「音」を第一に脳みそに入れましょう。
特に今までサックスの音を注意して聴いてきた事が無い人は
キャンバスは真っ白に近いかも知れません。
憧れのプレイヤーを見つけて何度も聴きこんで
その人の音であなたのキャンバスを彩ってください(かなりキザ?)。

まずは「憧れ」のプレイヤーを探して見ましょう!
それが「上手くなる」の第一歩ですから。
参考までに私がサックスを始めたばかりの頃に
影響を受けたアルバムを載せておきます。

Stan Getz / Serenity

Stan Getz / People Time

John Coltrane / Ballad

Sonny Rollins / Play For Bird

参考CDは今後も追加する予定です。
posted by 網 渦男 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(3) | 音楽に関するネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

サンタナ、ハンコック、ショーター。

今この3人によるツアーが行われている。
ツアーといっても横浜(昨日)と大阪、広島、長崎のみである。
原爆投下60周年の意義深い年にあわせて企画されたこのツアー
「世界の子どもたちの未来へ」というテーマで、
3人のアーティストが
「平和の使者(Emissaries For Peace)として平和行動の主体者となる」
との趣旨で実現したものだ。

サンタナは昨年モントルージャズフェスティバルにおいて
「貧困や差別の無い平和な世界の実現」を訴え、
彼に賛同するハンコックやショーターをはじめ多くの
ビッグアーティストが集結した奇跡的なセッションを実現させた。

一方ハンコックとショーターは近年、夏になるとプライベートで
広島、長崎を訪れ世界平和を祈念するデュオのコンサートを行っている。
今回の企画はその二人のいわば定例行事にサンタナが加わった
一大イベントとなった訳である。

昨年のモントルージャズフェスの様子を全く見ていなかった私は、
どんなステージになるのかはまったく想像がつかなかった。
3人だけか?それともバックバンドが付くのかさえ情報は無かったのだ。

開場に着いてみるとステージにはバンドのセッティングがしてある。
ど真ん中の仰々しいパーカッションの量から判断して
サンタナのバンドがメインである事を察した私は、
「果たしてハンコックはともかく70歳を超えたショーターが
サンタナバンドのテンションに対抗できるのか?」
との一抹の不安を抱きながら開演を待った。

開演前にVTRでリチャード・クレイダーマンや
韓国のアーティスト(名前は失念)そしてなぜか
仲間由紀恵の応援メッセージが流された。
その後にはサンタナ、ハンコック、ショーターによる
このコンサートの意義や並々ならぬ情熱を語るメッセージが続く。

サンタナは
「平和を照らす光はすべての人の心の内にある。」
と言い、ハンコックは
「一人の人間の情熱と行動は大海に投じられた石が水面に
波紋を拡げていくようにやがて世界をも変革する事ができる」

と確信ある声で訴えていた。

開場が暗転になると大歓声の中ミュージシャンが続々と
ステージにスタンバイを始める。

大音量、アップテンポで一曲目が始まりました。
タイトルはわからないが恐らくサンタナのナンバー。
ラッパーっぽい、Hey!Me〜n
ヴォーカルの兄ちゃんが歌いまくり。
LatinFunkとHipHopが混ざったような感じの曲である。

大音量過ぎてショーターは吹いてないしハンコックのピアノは聴こえない…。
う〜ん。サンタナさ〜ん!と思ってたら間奏でショーター乱入!
ラテンの世界から一瞬で
宇宙旅行です。
ひと吹きで空気を変えられるってやはりショーターです。
銀河系を一回りしたところでハンコックにソロが渡されます。
イケイケハービー!って、え〜!アウトしっぱなしです。
反対車線走ってます。捕まりますよ!
宇宙旅行から異次元空間トリップですな。
結局アウトして帰ってこないままソロ終了。
最高です。

その後はサンタナのナンバーが目白押しでハンコック、ショーターの
出番はあまり無かったのですが、まあイタシカタない。
二人のプレイがないのでバンドのメンバーを改めて見渡してみる。
「ドラムがうまいなあ」と目を凝らして見てみると、
背が小さくて顔がよく見えない。
でもあのシンバルセッティングとバスドラの16分連打はもしや…
デニチェンじゃん!
ハンコック、ショーターの出番が少なかっただけに
ちょっとお得な気分でした。

コンサートも半ばを向かえデニチェンのドラムソロ(まあバンドの休憩)
の後にハンコック、ショーターによるデュオ。
これを待ってました。これなかったら訴えるところです。

いやぁ、ファンタスティックです。
ハンコックのMacによるプログラミングにショーターが合わせていきます。
相変わらず、曲なのか即興なのかわかりませんでしたが、素晴らしいの一言。
ハンコックもピアノを弾き始め二人の信頼感からくる安心感と
一瞬先が見えない心地よい期待感と緊張感。

ショーターが開演前にメッセージで言っていた
「今の時代は一瞬先がどうなるかわからない。
だからこそ我々は今、平和の為の戦いを起こさなくてはならないのだ。
私にとってそれは大いなるチャレンジなのだ。」

という言葉が思い起こされた。

再びサンタナのバンドが入りコンサートは佳境に入る。
始まったのはなんとマイルスの
「In A Silent Way/It's About That Time」!!
私の心は躍った。HeyMen兄ちゃんの掛け声では立たなかったが、
このときばかりはよろこんでStand Upである。
周りは逆に座り始めたが…。
いや〜どのくらい良かったかって、書けません。
マイルスも天国から見て歓んでいることでしょう。

その後またイケイケラテン祭りが続きショーター、ハンコックは
ほとんどお休みモードでチラッとしかプレイせず、
コンサートは終了してしまったのですが、アンコールでなんと
「至上の愛」ですよ!
もうコレだけでも満足かなと思いました。

ショーター先生テナーでブリブリです。
コルトレーンの事、考えてたんでしょうね。
現代のベートーベンみたいでした。
苦悩を突き抜けて歓喜へ至れ。そんなプレイでした。
ハンコックはその歓喜を謳歌するような自由万歳なプレイ。

最後にサンタナが
「Peace!!」と叫んでコンサートは終了。
いや〜感動的でした。

私もこのコンサートで受けた波動を何らかの形で拡げていかなければ
ならないなとの思いでこのブログを書いたしだいです。

あ、ア・ミューズ臨時休業すいませんでした!!!!!!!!
posted by 網 渦男 at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽に関するネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

アドリブについての考察 その3

前回アドリブの修得について
「言語を話せるようになるまでの課程を追って行くのと同じように」
と言う内容を書かせていただいた。
フレーズをフレーズとしてだけではなくそれに付随するイメージと
一緒に覚えていくと言う事である。

実際インプロヴィゼイションしている時はコードネームを認識して
それにアダプトするリック的なフレーズをプレイする場合(左脳的)や
曲のイメージや有名な誰かの演奏の想起(無意識的に)など
から湧いてくるフレーズをプレイする場合(右脳的)の両方があると思う。

できれば右脳的なほうがより芸術的であろう。
コードにリックをアダプトばかりしているとどの曲をやっても
コード進行が同じなら同じフレーズが出てきてしまうこともある訳で
(吹き方変えればいいかも知れんが)悲しい曲と楽しい曲で
同じセリフを言ってしまうということになりかねない。(いや、結構あるかも)

なるべく右脳でやりたいですよね。ショーター先生のように。
まあ、あそこまでいくと仙人のお言葉みたいですけど。

では右脳で感じるままに演奏する為にはどんなトレーニングが必要か?
いろいろ考えられますが私自身が実際にやったり(たまにですが)
レッスンで生徒さんにやってもらったりしている事があります。

それは「イメージを音で表す」と言う事です。
大学時代、「楽器でジェスチャー」というアホな遊びをやった事があるのですが、
例えば「ゴジラ」とか「ウルトラマン」とかをサックスでやるわけです。(アホや)

ゴジラ→

そんなにレパートリーはあるわけ無いのですぐやめましたが、
実はあのGeorge Garzoneもそんなレッスンをしているそうです。
まさか「ゴジラ」はやらないでしょうが(案外上手いかも)、
アドリブの際にテーマを決め、「今日はヘビで行こう」とかやるそうです。
ヘビなんてめちゃめちゃ得意そうですよねGarzone氏は。

リトミックが出来る人はこんなの当たり前かもしれないですけど、
アドリブ中にこんなんできたら他のメンバーとのインタープレイが
盛り上がりそうですよね。

あと二人でトレード(アドリブを何小節ずつとか決めて交換すること)
しながら漫才やるんです。モチーフを決めて発展させながら
起承転結を意識してできるだけオチをつけるようにします。
ボケてくれた時は「何でやねん」フレーズを吹いてツッコミます。
オチがついたら「いい加減にしなさい」で終わります。

これらは言葉として楽器をコントロールするという事が目的なので、
簡単なコード進行(ブルースや枯葉など)の上で
一つのスケールやペンタトニックだけで行います。
それが飽きてきたら難しいコード進行にトライします。

「こんな変なレッスンして役に立つのか!」
とご批判が聞えてきそうですが、右脳のトレーニングには
結構有効かと思ってます。
勿論こればっかりでなく一般的なきちんとしたレッスンも
やってますので誤解しないで下さいね。

次回はもう少し進んだ
フレーズのセンテンスを意識するレッスン
を紹介いたします。

posted by 網 渦男 at 01:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽に関するネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

アドリブについての考察 その2

前回からのつづきで右脳と左脳の話です。
我々が日常右脳と左脳のインターフェイスとして頻繁に使っているところ。
それは言語中枢です。言語中枢自体は左脳にありますが、我々が感情やイメージを
言葉にする時には右脳から左脳へのインターフェイスが使われます。

議論をしたり説明書を読んでいる時などは主に左脳が使われているでしょうが、
俳句を読んだり、絵画や音楽を鑑賞している時は右脳が使われているでしょう。

アドリブをやっている時の脳の状態は俳句や詩を即興で詠むのと同じ感覚です。
笑点の御題を考えてる時なんぞは右脳と左脳両方使ってるんでしょうねぇ。
言葉遊びの感覚です。音楽は世界共通の語(コトバ)ですから。

以前旧コラム(HP参照)やWEBdeSAXでも触れていますが、
アドリブの修得も私たちが言語を話せるようになるまでの課程を追って行くのと
同じように進めていけば自然にマスターできるのではないかと言う事です。

しかし我々日本人は中学高校と英語を勉強しているにもかかわらず、
実際に話せる人は少ないのが現状です。
なぜか?日本人は語学が苦手なのでしょうか?

実は苦手なのではなく、学び方が間違っているのです。
これは学校教育でも昨今指摘されているところですね。
先程来言っているように「左脳」だけで学んでいるのです。

言葉は人に何かを伝えるもの。勉強をしててもしゃべれません。
英語を何年も学校で勉強するより、2,3年アメリカで暮らしてしまえば
話せたりするものです。日本語を学んだ課程と同じにすればいいわけです。
日本語なんて勉強して話せるようになったわけではありません。
大事な事は「話す環境」「必要性」つまり「実践」でしょうか。

アドリブもまた同じ。
「教材はしこたま買ってみたけれどわからない。」とか
「U-7X7フレーズ集やったけどいざセッションとなると頭が真っ白に・・・」
などよく聞く話です。私もそうでした(笑)。
必死で耳コピーしたり、理論書読んだりしても「実践」の場が少ないのです。
セッションに行くまでがこれまた勇気が要りますしね。
言葉は「学ぶ」より「使う」、コミニュケーションのツールです。

少々脳みその話からそれましたが何を伝えたいのかという「イメージ」を
音にしようと思えば右脳と左脳が使えるわけです。
逆に言えばある音を聴いて「これはこんなだ」とイメージする感受性が必要でしょう。
耳コピーもプレイヤーの頭の中のイメージまで想像してコピーしたり
U-7X7フレーズ集のフレーズも感情や何らかのイメージとリンクさせて
練習し、憶えていくていく事が大事なのかもしれません。

では具体的にどうやってトレーニングしていけばよいか?
これについては次の機会に譲りたいと思います。

posted by 網 渦男 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽に関するネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

追記

マイケル・ブレッカーが骨髄異形成症候群という癌にかかってしまったそうです。
ツアーの予定もキャンセルになるとか。(CyberFusionより
とにかく治療に専念していただいて一日も早く完治を祈ります。
posted by 網 渦男 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽に関するネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アドリブについての考察 その1

今回の発表会でもアドリブに挑戦した方が何人もいらっしゃった。
普段のレッスンならまだしも人前でアドリブをやると言うのは
なかなか勇気が要る事かも知れない。立派だと思います。

だって自分がそのまま出てしまいますから。アドリブは。
普通は恥ずかしいと思っちゃいます。
今何を考えてるかとか、どの程度の練習してきてるとか、
どれ位ジャズを聴いてるとか、誰が好きとかバレますからね。
逆に言えばアドリブってその演奏者自身のそういった「生き様」
みたいなものを聴いてるわけですよね。
潔いか図太くないとできませんな。

よく「アドリブの時何考えてるんですか?」と聞かれることがあります。
いろんな人がいると思いますが私は「場合によって違います」(笑)と答えてます。
やり慣れた曲やコード進行もあれば、「ゲッ!?」という時もありますので。
慣れている場合は左脳のCPUの稼働率は低いかもしれません。
感じたまま吹いてます。(無責任)
他の楽器と会話を試みたり、景色や感情、何かのストーリーにそって
プレイすることもあります。恐らく働いているのは右脳でしょうか。

難しい曲の場合は(正直に言いますが)左脳で考えています。
あまり望ましくないのかも知れませんが仕方ありません。恥ずかしながら。

アドリブと言っても全くデタラメではないですから準備が必要です。
まずその曲のKeyやコード進行などを理論的に分析します。(WEBdeSAX参照)
具体的にはコードトーンや使えるスケールを把握し、その中で動けるようにしたり、
いくつかのリハーモナイズのパターンを選択したりするわけです。
これが複雑だったり準備が不十分だったりするとパニクるわけです。

瞬間瞬間どんな音に向かうか?とかどんな音はアリか?とか考え、
頭の中に?マークがたくさん出てきます。
まるでブラクラです。フリーズしそうになります。(爆)

どんな曲でも自由にアドリブが出来るようになるためには
左脳には相当量のイデオムが入っていなければならないし、
右脳の感受性を研ぎ澄まし、それを表現するテクニックも
持ち合わせていなければなりません。もうため息が出そうです。

ちなみに私はレッスンではその人に応じて右脳的なアプローチで
アドリブのレッスンを進める事もあれば、左脳的(BEBOP的)なアプローチで
進める事もあります。これは私自身もためになることです。

この右脳と左脳のインターフェイスをどのようにして活発にするか?
これは実は私たちが日常生活の中で普通に使っているある器官を
鍛える事で可能になるのです。(あるある大事典風)

つづく
posted by 網 渦男 at 11:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽に関するネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。