2015年12月26日

音楽的なレッスンとは?

今日は久々に純粋に音楽的(?)なレッスンをしました。
そんな事を書くと
『それじゃ、普段音楽的なレッスンはしていないのか!』
とツッコマれるかも知れません(笑)。

なので説明いたします。
大抵のレッスンは楽譜があって、
それを演奏できるようになる『トレーニング』の部分がメインです。
そしてその完成度が上がってくると、
『できた!』みたいになってくるわけです。

本当はその時点では音楽の『前提』が整っただけなのですけれど、
そこで皆さん『OK』としたがるのです。

それはとてもよ〜く解ります。

難しいフレーズを何度も繰り返して
やっと出来るようになったら
とっとと次に進みたいですよね(笑)。

でもプレイ出来るか?出来ないか?は『音楽』でなく、
その前提の作業、タスクなんですよね。本当は。

『どのようにプレイするか?』が本当は音楽なのです。


俳優さんが台本を覚えてくるのは演技ではないですよね?
準備です。

どのようにセリフを表現するか?
がアートなのです。

今日のレッスンは
たったの9音のフレーズを何度も何度もやりました。

音は全部で9個ですから、
そのそれぞれをどのようなニュアンスで
プレイするか?のパターンは限りなく有ります。

その中で
『オリジナル音源』はどのようにプレイしているか?

自分はどのようなパターンなら表現可能か?
を色々試していくわけです。

その中でたくさんの発見があります。
ニュアンスなんて無数にあります。
それぞれの音を
タンギングの有無。
ピッチの上下。
音色の変化。
テンポの変化
音価の伸縮。
音量の大小。
などを変えて演奏してみるのです。
9音それぞれシミュレーションする訳です。
正解なんてありません。
人生と同じ。
その時の自分のベストを模索します。

クラシックなんてこんな作業ばかりですよね?
ジャズでも勿論大事なのです。

ジャズは即興しながらこれをやるのですから大変です。
神業です(笑)。

ア・ミューズのセッションなどでも
アドリブがスラスラと出来る人も増えてきました。
嬉しい事です。

でも次のステップ、
つまりどのようにプレイするか?
というクオリティにこだわって、
様々な奏法、技術を知り、身に付ける事も大事です。

ジャズマンの音源を聴くときも
『どんな音をプレイしたか?』
という事の次は
『どのようにプレイしているか?』に
フォーカスしてみましょう。

プロとアマチュア、A級とB級(と言われる人)
はそこが違うのかもそれませんね。
そのステップに行きたい人は…

お待ちしております(笑)
次<のステップに進む



posted by 網 渦男 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

八王子に声優養成講座が開講!

八王子駅前3分ア・ミューズに今人気の『声優養成講座』が開講!
講師は専門学校に負けない実績とレッスン内容で定評のある迫田敏明氏。
完全プロ志向で声優に必要な『ボイストレーニング』『演技指導』
『体力作り』『オーディション対策』など充実のカリキュラムを準備しております。
詳しくはこちらから→八王子声優育成講座
posted by 網 渦男 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

12月の八王子ジャズ道場のお知らせ!

12月のジャズ道場は新装開店!(笑)
以下のような内容になります!

12/8(日)13:00〜15:00
超!初心者入門講座【初級】
1、アドリブとは?
2、コードとは?
3、アベイラブル・スケールとは?
4、ブルースとは?
5、ブルースでアドリブしてみよう!

12/15(日)13:00〜15:00
超!初心者入門講座【初段】
≪枯葉に挑戦!≫
1、スケールシークエンス…『枯葉』に必要な2つスケールとその運用法を習得します。
2、コードシークエンス…『枯葉』に使われるコードの理解とその運用法を習得します。
3、アーティキュレーション…DuDaDuDaタンギング、ハーフタンギング、ゴーストノート、ベンドなどジャズでよく使われる奏法やアーティキュレーションのパターン、法則などを取得します。
4、構成力…ソロに起承転結などのストーリーを組み立てします。
5、コンセプト、デザイン…自分なりのコンセプトを持ってそれを表現できるようにレベルアップします。

※参加費はどちらも5000円、会員は3000円(教材費込み)
※お申し込みは前日までにア・ミューズまでこちらからメールで申し込まれるか、
お電話042-645-6030にてお申し込みください。
posted by 網 渦男 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

こっそり告知。

12月に向けて新たな企画を考えております。
元々は私のレッスンをYOUTUBEで配信して宣伝&独学でサックスを習ってる方々のお役に立てれば
と考えていた『WEB de SAX the Movie』でしたが。。。。

実はもう何本か撮影は済んでいて今編集段階なのですが、UPする前に、
『何か物足りねーな…』と感じ始めてしまいました。
笑えるネタとかをはさみつつ楽しくレッスンしてる感じは出ているのですが
どうも作りこんでいくと逆にコントっぽくなって、なんか物足らないな。。。
もったいないのでいずれ撮影した分は公開しますが、インパクトにかけるなと。

で、考えたのが
『ガチンコでレッスンしてるのを公開しちゃったら?』
という企画。
一般の人から生徒役を募ってマジで上手くなるのか?を公開していくと言うもの。つまり

『ドキュメンタリーレッスン!!』

これは私にとってもリスクはあります。生徒の上達度によっては、
ダメダメインストラクターの烙印を押される可能性も有るわけです。
また、近隣ライバル教室から『絶対に上達しない演技をする刺客』が送り込まれる可能性も(笑)
ということで条件を設けます。
モニター希望の方は
@月謝はYOUTUBEで配信している限り(およそ半年をメド。)無料だが、YOUTUBEに顔が出てもいいという方。
A刺客防止の為に、楽器を当教室で購入して頂きます。(かなりの割引あり。)
B最低週1回は八王子のア・ミューズまでレッスンを受講に来ていただける方。
Cジャズまたはポップスのサックスに興味があり、本当に上手くなりたいと思っている方。
これで希望者集まるかな?(笑)
posted by 網 渦男 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

マンツーマンへのこだわり

え〜世の中まだまだ不景気でございます。
音楽業界や習い事業界も大変です。
最初に削られるお金ですからね(笑)

先日、友人に言われました。
『ア・ミューズもグループレッスンにしたら?』
確かに、グループの方が楽だし、時間単価は高くなるし、
経営的にみれば効率よく儲かります。

でも、どうなんすかね?グループレッスンて
受講者からしたら。

私はマンツーマンにこだわります。
理由はレッスンの質が落ちるからです。
管楽器であるサックスはまずは
『音を出す』所から始めなくてはなりません。
ピアノなどは誰でも音が出るように出来ています。
相手が何人かいても『ハイ、ドの鍵盤を弾いてくださ〜い』といえば
おそらく全員が『ド』の音を出すことが出来るでしょう。
出なかった人はおそらく『ド以外の鍵盤を弾いた』か
『楽器が壊れているか』など原因は至って単純です。

ところが、サックスはそうは行きません。
音が出ない原因はある場合は呼吸法かも知れないし、
下唇の当て方かもしれないし、舌の位置かも知れないし、
マウスピースを噛んでしまっているのかも知れないし、
咥える位置かもしれないし、喉の緊張かも知れないし、
リードがマウスピースや本人に合っていないのかも知れないし、
はたまた、楽器がよくないのかも知れないし
・・・・・・などその人により様々です。

それをグループレッスンで十把一絡で満足の行くアドヴァイスが
時間内にできるか否か、私はいささか疑問です。
しかも、大手音楽教室のグループレッスンの場合、
テキストやカリキュラムがあらかじめ組まれており、
受講者の上達度に関係なく、毎回テキストをこれだけ進める
というノルマがあったりします。
だからレッスン自体は簡単。音大生とかでも出来ます。
例えば60分レッスンで6人受講者がいれば、
1人を相手にする時間は10分。レッスンの初めや
終わりにコメントする時間をマイナスしたら
1人に対して10分以下しか個別に見る時間はありません。
出来るようにさせる所まで持っていくのは大変です。
指摘くらいで終わるのが実際のところだったりします。
講師にとっては楽でしょう。
受講者にとっては?です。

ア・ミューズに大手音楽教室から生徒さんが流れてきます。
『実は基礎奏法が出来ていない』とか
『レッスンについていけなくなった』とか
『ジャズでアドリブをやりたい』とか
『テキストの曲以外でやりたい曲がある』など
理由は様々ですが、こういったケースに遭遇するにつけ
その期間とお金がもったいなかったな・・・とつくづく感じます。
ひどいケースだと
『こんなリードとマウスピースではとてもじゃないけど音なんか出ない!』
とようなセッティングの方もいました。
私がこのセッテイングに対して講師は何も言われなかったのかと聞くと
『講師の方は時間が解決するとおっしゃってました』とか
『楽器を新しく買い換えてみたらどうですか?』といわれ買い換えましたとか・・・
・・・怒りすら覚えます。いくら商売敵でも酷すぎます。
そんな講師がいるんかと。


講師はまず受講者にマウスピースとリードのセッテイングに関して
きちんとその人にマッチしたセッテイングを薦めるべきです。
そして初めのうちはレッスンの度にリードがいいリードか否か
実際に吹いてあげてチェックすべきです。
初心者にリードの良し悪しはわかりません。
ましてやマウスピースとリードの相性などもわかりません。
(講師でもマウスピースのフェイシングとティップオープニングによる
リードのカット、サイズの関係がわかってない人もいるようですが)
講師は必ず受講生がきちんと音が出るセティングなのか確認すべきです。
だって音が出なかったらレッスン進まないし。
思いやりとか優しさではなく常識だと思います。

これもグループレッスンとテキストの弊害なんでしょうね。
前述の『楽器を買い換えたら?』など楽器店併設の音楽教室に
よくあるパターンですよね。講師にばバックマージン入りますから。
その受講生がトンでもない楽器使ってる場合は私も言いますが、
音が出ない原因をきちんと追究するのが先です。

ア・ミューズはこれからもマンツーマン、フリータイムというスタイルに
こだわります。これはポリシーです。
どこまで受講者の側に立ったシステムとサービスができるか。
これは大手音楽教室を辞めた時からの私の挑戦です。
posted by 網 渦男 at 19:24| Comment(2) | TrackBack(0) | レッスンに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。